住宅ローンの借り換え

住宅ローンを借り換えるメリット

目的

固定金利選択型の金利引き下げ制度において、「当初期間引き下げ」では借入当初は引き下げ幅が大きくお得になっています。

 

しかし、当初の固定金利特約期間が終了すると、再度固定期間の特約を設定しても、金利の引き下げ幅が小さくなるため、店頭金利に変化がなければ適用金利が上がるのが一般的で、多くの場合、他の金利タイプに変更しても金利を下げることができません。

 

また、全期間固定金利型の住宅ローンを借りた場合、その後金利が下がっても、同じ金融機関で金利タイプを変更することはできません。

 

そこで検討されるのが、金融機関を変えて住宅ローンの借り換えをすることによって、金利を下げて返済額を少なくすることです。

費用

住宅ローンは借り換えによって金利を下げることができますが、借り換え時には当然新規住宅ローン契約のための費用が発生します。

 

事務手数料、契約書の印紙、登録免許税、司法書士費用などが必要になります。

 

これらの費用は借り換え時に一括で支払わなくてはなりませんので、これも考慮に入れて借り換えがお得かどうかの判断をしなければなりません。

 

一時的な費用が発生するとトータルでの損得が分かりにくくなりますが、例えば、これらの費用を借り換え残高に盛り込んで借り入れることも可能ですので、そうしたときにこれまでの返済額よりどのくらい少なくなるかを見れば、借り換えのメリットを数値化することができますね。