住宅ローンの事務手数料

住宅ローンの事務手数料

定額型

住宅ローンを借り入れる場合、忘れてはならないのが事務手続きのための手数料が必要となることです。

 

一般的な金融機関においては融資金額にかかわらず数万円程度の一定額となっています。

 

しかし、不動産会社での提携ローンを利用する場合は提携ローン取扱手数料も必要となりますので、5,6万〜十数万円程度必要となるでしょう。

 

また、保証料が不要な商品もある最近人気のネット住宅ローン(ネット銀行や一部のメガ銀行のネット専用住宅ローン)では、保証のない代わりに手数料を数十万円程度と高く設定しているのが一般的です。

定率型

ネット住宅ローンにおいては、定額ではなく融資金額に一定の割合を掛ける定率型の事務手数料を採用している商品もあり、定額か定率どちらかを選べるようになっている商品もあります。

 

定率型の場合、例えば2千万円の融資金額に対して、手数料が2%なら、事務手数料は40万円となります。

 

 

このように保証料が不要な住宅ローンの場合には事務手数料が多く必要となるのが一般的なので、住宅ローンを選ぶ際には金利のほかに保証料・事務手数料などの諸費用も含めてトータル的な判断をすることが大切です。