住宅ローンに関連する保険

住宅ローン関連の保険

火災保険

住宅ローンを借りる場合、建物自体がローンの担保になりますので、その建物への火災保険の加入が必須となります。

 

火災保険の受取人は通常は保険の加入者(住宅ローンの借主)となります。

 

しかしながら住宅ローンの返済に延滞などがあれば、金融機関によっては、受取人を加入者ではなく金融機関とする質権の設定を求められる場合もありますが、最近ではあまりないようです。

 

住宅ローンのための火災保険は、金融機関が住宅ローンとセットで勧められることもあるかと思いますが、セット加入がローンの融資条件となっているわけではなく、他の金融機関で火災保険に加入しても問題はありません。

地震保険

火災保険同様に地震保険の加入も進められる場合もありますが、火災保険とは違い住宅ローンの融資条件とはなっていませんので、ご自身の判断で加入することになります。

団体信用生命保険

一般的な金融機関では、この団体信用生命保険(団信)に加入できることが住宅ローン融資の条件となっています。

 

団信は、借主に死亡や高度障害など万が一のことがあった場合に、ローン残高を清算してくれる保険です。

 

借主に万が一のことがあり残された家族がローンを返済できない場合でも、家族が住宅を失うことのないように入っておく生命保険ということです。

 

団信加入には通常の生命保険と同様に健康状態の告知が必要であり、基本的に健康な人でないと住宅ローンの借り入れはできないということになります。

 

しかしながら最近では、健康状態が万全でない人でも住宅ローンが借りられるように、加入条件を緩和した「ワイド団信」というものもあり、このワイド団信を採用したローンは、融資の金利が少し上乗せになります。

 

団信の申込みは通常、住宅ローンの申し込みと同時に行いますので、その後の健康状態の変化により審査が否決になる可能性もあります。

 

またマンションなど引き渡しまで長期間に渡る場合は、事前審査の段階で団信への申込みをするケースもあるようです。

 

また、フラット35においては、団信への加入は融資の条件ではなく任意となっていますが、借主に万が一のことがあったときには家族に債務が引き継がれますので注意が必要です。