住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済について

返済方法

住宅ローンに限ったことではありませんが、借入金の返済方法には「@元金均等返済」と「A元利均等返済」の2種類があります。

 

@元金均等返済は元金が減るに従って利息が減るので毎月の返済額が減っていくのに対して、A元利均等返済は元金と利息を合わせて一定の額を毎月支払う方法です。

 

同じ条件(融資額・金利・返済年数)で@A両者を比較すると、@元金均等返済のほうが総返済額は少なくなりますが、月々の支払額にしてみると毎月減っていく返済額はごくわずかとなります。

 

しかも、A元利均等返済に比べて初めのうちの返済額が相当大きくなり負担となります。

 

それよりも、上記と同じ条件で最初の月の返済額を支払えるのであれば、返済年数を短くしてA元利均等返済にすれば、総返済額を大きく減らすことができますし、毎月の返済額をもう少し減らして返済年数を調整しても、上記の@元金均等返済よりも総返済額を減らすことができます。

 

さらに、毎月の返済額が一定であることは家計の予算も立てやすいというメリットもありますし、@元金均等返済よりもA元利均等返済のほうが利用しやすい返済方法と言えるでしょう。

繰上返済

住宅ローンには、契約時に決めた返済どおりではなく、途中で一度にまとまった金額を返済することができる「繰上返済」というものがあります。

 

繰上返済には、借入残高の一部を返済する「一部繰上返済」と、全額を返済する「全部繰上返済」があります。

 

一部繰上返済の後は、当初の予定より残高が減少しますので、毎月の返済額を据え置き返済期間を短くするか、あるいは、返済期間は変えずに毎月の返済額を少なくするか、また一部の金融機関では、その両方を組み合わせて、残りの返済計画を変更することになります。

 

繰上返済はこのように、早くローンを終わらせる目的や、毎月の負担軽減の目的で行われますが、お得かというと必ずしもそうとは限りません。

 

変動金利型のローンであれば金利上昇により将来の返済額が増えるのを防ぐ対策としては意味があります。

 

しかし、早くローンを終わらせたいからと言って長期固定金利型のローンを繰上返済するのはデメリットもあります。

 

固定金利型のローンは、今後金利が変動しようがしまいが契約時に返済額が決定しているのが大きなメリットなのに、せっかく手にしたお金を手放して、貯蓄のないリスクを伴った生活を送るのであれば、それは得策とは言えません。

 

もっと言えば、繰上返済できるだけの資金が手元に出来たのであれば、それを元手に財形や投資によって資金をさらに増やすことも可能です。

 

お金を借りるというのは、個人であればお金がないからそうするものだと思いがちですが、企業はお金があってもそれを使わずに、お金を借りて事業拡大したりするのが当然です。

 

住宅ローンは単なる借金ではなく、借りたお金で家庭を運用している資金として捉えることも必要でしょう。

 

せっかくお金を借りれたわけですから、その返済を必要以上に急ぐことは必ずしも得策とは言えません。